80' s Web
今月の人 東京エイティーズ ショッピング ドラマ 80年代メモリーズ 80年代音楽 ヘルプ
成田勝さん



今月の人- 一覧 -
05年03月:長江俊和さん
05年02月:中谷彰宏さん
05年01月:泉麻人さん
04年12月:南さん
04年11月:木村和久さん
04年10月:成田勝さん




1959年生まれ。84年東京・麻布十番に「マハラジャ」をオープン。その後「東京マハラジャウェスト」「東京マハラジャイースト」「青山キング&クイーン」「川崎キング&クイーン」「エデンロック」などを次々に展開し、80年代を 代表するディスコ・カルチャーを生み出した。現在はイディア株式会社代表取締役社長として 「プレゴ」「六本木しゃらら亭」を経営。ほかにイベントのエグゼクティブ・プロデ ューサーなどでも活躍中。

現在、イベントのプロデュースやアドバイザーを務める成田さん。今も当時の仲間に会うと「いい時代だったね」「80年代はいい女が多かった」など楽しい話で盛り上がると言う。「あれだけの数の人たちが同じ時代に一体となって盛り上がった、そういう感動やスケール感はたぶん初物だったのでしょう。自分も踊った、まわりの人間も楽しんだ・・・そんな共通の思い出は自分自身にとっても貴重なものだと思います。当時は夜の東京へ行けば刺激的で楽しいことが待っている!と毎晩いろいろな人がやってきていました。今の遊びは週末集中型に変わってきていますね。毎晩、遊びに行くという人はいないでしょう。経済的な面もあると思う。携帯やパソコンにお金をかけた結果、他の遊びは縮小していると思いますよ。毎月、携帯料金に\20000払っているとしたら、昔なら4~5回遊べる金額。若い世代の遊びも変わったし、女性の考え方も大きく変わったと思う。
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-20 18:18

4億という破格の開店資金を投じてオープンした麻布十番の「マハラジャ」。しかし、84年当時の麻布十番は都心でありながら行きにくい場所。「なぜ麻布十番に?」と反対する声も多かった。
「批判は多かったです。でも批判の多い時にこそ当たる気もする。この商売はバクチのように思われがちですが、事前準備をおこたらず満足度の高いサービスを積み重ねていくことで成功に転じる。4億の資金はすぐに回収できました。なにより開店の時に集まったスタッフ70名が優秀だった。いろんな店から優秀な人材を集めましたから。例えば70名のスタッフが2名ずつお客様を連れてくれば140人。仕事はなんでもそうだと思いますが、人と人とのつながりで広がる。『あの人がいるから行ってみようか?』と思ってもらええるような魅力のある人間が多かったですね。そこでは『お客様には夢を見せてあげよう、お客様もスタッフも花になろう』というコンセプトでやっていました。
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-20 18:17

バブルの盛り上がりとともに「マハラジャ」は日本全国を席捲し、89年にはホノルル店もオープン。「マハラジャ・カルチャー」は一大ムーブメントに。その後を追いかけるように東京では「エリア」などの大箱ディスコが次々に生まれ、70年代を超える第二次ディスコブームが訪れた。
「時代の波にも合ったのだと思います。新宿全盛時代のディスコはどちらかいうと、アンダーグランドなイメージ。喧嘩も多かった。だからマハラジャのコンセプトのひとつはそんなディスコカルチャーを変えることでもあったんです。来やすい店、そしてドレスコードを設定したファッション性の高い店。お店はどこもそうですが、新しく入ってくるお客もいれば、お洒落で流れに敏感なお客はよそへ行く。それで新しいステージを作る必要もありました。ステイタスをキープするためにも、タダ券は配らない、女性客の満足感を満たすなどの配慮は必要。そんないくつかの仕掛けが時代の空気とシンクロして、マハラジャは大きくなったんです」
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-20 18:17

ボクが東京に来た1977年当時はディスコの中心地は新宿でした。「サタデーナイトフィーバー」で盛り上がっていた第一次ディスコブームの頃。六本木・赤坂にも店はあったけど敷居が高かった。ただ、この時に新宿や六本木で遊んだり仕事したりした経験は大きかったですね。ディスコの良い部分も悪い部分もよく見たし、その後の「マハラジャ」のプロデュースにも大きく関わっていると思います。六本木にはもともとドレスコードがあったし、ボクら小僧は入れないようなステイタス感もあって、ホンモノの大人の街だったんですよ。当時から店をやるなら、大人の文化を楽しめる場所を、と思っていました。その後は「カフェバー」の時代。
小箱の店で音楽を聴きながら、軽く踊るようなお店ですね。これは今あるクラブカルチャーの走りなんだけど、ミーハーな夜遊びの王道だったディスコがいい、と言う人の志向とはちょっと違っていたんでしょうね。ちょうどそんなムードの時に、「マハラジャ」が東京に進出したわけです。
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-18 14:56

「ワンレン・ボディコン」の女性たちのメッカでもあった「マハラジャ」。80年代の女性、そして今の若い女の子たちをよく知る成田さんは「変わったのはファッションだけではない」と言う。
「よく当時の仲間と集まると『昔はいい女いたな』と言う人が多い(笑)。もちろんファッションも変わった。今はラフなファッションが主流だけど、ボクは女性の気持ちそのものがラフになっているような気がします。昔の方がもうちょっと気持ちも引き締まっていた。今、あるお店で日替わりでレゲエやヒップホップなどジャンル別のイベントをやっているのですが、終了後のお店の汚れ方、これがヒップホップがイチバン汚い。80Sは汚れない。(笑)音楽を愛する姿勢も、ラフなファッションも認めるけど、人に迷惑かけるのは良くないと思うんです。昔は歩きタバコしている女性なんていなかった。女性は女性らしく、っていう価値観は時代が変わっても変わらずあってほしいものですね」
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-18 14:56

時代の寵児となった成田氏。華やかな成功とともに、各方面からの風当たりも強くなった。「当時、スタッフが顔にドーラン塗ったりしていたのは、素の部分を隠して店の中ではプロに徹するという意味もあったと思います。もうひとつ、お客様が使う店での飲み代とは、実はこの20年以上変わっていないのです。
しかし、仕入れ値は上がっている。当時はこの世界、スタッフもけっこう稼げたんです。私自身も『マハラジャの成田』という名前がひとり歩きし始めた。知名度が上がるということは、信用度も高くなり、いろんな相談を持ちかけられたりもする。身がひきしまる反面、悪く言われることも多い。たまたま銀座で1回飲んだだけで『毎晩、銀座に通ってい
る』みたいな言い方をされたり。おちおち、飲んでいられない。(笑)店に嫌がらせ電話とかもかかってくるんですよ。それも一日50~60回。でも中身を知っている人はわかってくれていたしそれでいいんです。店にいれば揉め事もあるし、それなりの苦労もある。
当時のスタッフはそんな姿を見て感じてくれていたと思う。
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-18 14:55

「もともと歌手になりたくて東京に来て、平尾昌明さんのライブハウスにいたんです。
85~86年にはシングル6~7枚だしてますが、忙しくなってきまして」大ブレイクしたマハラジャは平日でも一晩100万、週末は300万の売り上げ、成田さん自身の生活も多忙をきわめた。
「当時、マハラジャが好きという人は本当によく来ていました。毎晩のように通ってくる人も少なくなかったんです。芸能人も多かったですね。ジャニーズのメンバーとか。ゴルフの丸山プロなんか、当時マハラジャから学校に通っていたくらい」マハラジャの7割は女性客だった。80年代は芸能人でなくても人に見られること、見られてもっと綺麗になることを、女が意識し始めた時代。そんな女性の心理にすっぽりとはまりこんだ仕掛けがお立ち台と、もうひとつは黒服のスタッフたちの存在だ。
「10年間の間にはいろんなお客さんがいました。女性のお客さんから店のスタッフへのアプローチも多かったですよ」
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-06 15:06

カフェバーだけでは物足りない六本木、それにバブル景気にわく東京の夜「マハラジャ」東京進出の条件は整っていた。「マハラジャは関西からスタートしたんです。82年に大阪・ミナミで第1号店がオープンして、その後、京都・仙台、84年には熊本。
この熊本の店は総面積が270坪で席数350。ガラス張りのVIPルームや、巨大な円柱を取り囲む形のお立ち台があって、スケール感のある店だった。熊本の店を見たときには、この大掛かりな遊園地のような楽しさは、東京へ持っていっても絶対に当たる!と確信しましたね。その年に麻布十番がオープンしました。結果としては大ブレイクして時代をリードしている、みたいな言われ方もしました。が、特に意識的にやったことはないんです。
ただ、自分が店を見回したときに目障りなものは置かない、入れない。話題になったお立ち台もディスコという空間で女性の心理を引き出す、ひとつの仕掛けです。
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-06 15:05

「マハラジャの頃のボクは25歳。失敗してもいい、くらいのバイタリティーもあった。その年齢で出会った経験や感動は、たぶん一生色褪せないんでしょうね。今、自分の所のスタッフにもよく言うんですが、若い時期にしかできないことはあるし、その最初のステップをあやふやにするなと。金や地位や名誉を得たいという気持ちもわかる。でもその前に人として必要な事を積み上げて欲しい。明るく元気に挨拶するとか、しっかり朝食とって活力つけるとか、そういう基本的なことなんですが。それもしないで、20才で栄養剤飲んでいる。(笑)一日1歩ずつ歩いていても前に進むし、それが積み重なって一日20歩くらい飛躍できる日が来るかもしれない。そんなシンプルな事なんですが、若い人に伝えられるものはこれからもどんどん伝えていきたいし、ボクらと同じ世代に向けて充実した時間のための仕掛け作りをしていきたいと思っています」
[PR]
# by eighties_002 | 2004-10-06 15:03

ぼくは麻布十番が長いんです。『マハラジャ』の頃から、今の『プレゴ』までもう20年以上。麻布十番も駅ができて六本木ヒルズができて、賑やかになりました。20年前、この通りは夜10:00に『更科』の灯りが消えると、真っ暗になる何もない街だったのですが。『マハラジャ』ができて、その受け皿のように他のお店も次々にオープンして。やっぱり人の流れは時代とともに変ります。今は六本木ヒルズから麻布十番を回遊して帰るという人の流れができています。ぼくはこの街が好きなので、にぎわっているのを見るとうれしいですよ。
六本木も今や世界中から人が集まる街になった。だから今後も六本木や麻布十番の街をもっと活性化していきたいと思っています。かつては新宿・銀座と大きなターミナルに人が集まっていましたが、今後は代官山・恵比寿・西麻布などの小さな街が連結して広がりを見せるようになると思います。
[PR]
# by eighties_002 | 2004-09-29 17:21

80年代、成田さんの下で働いていたスタッフたち・・・「マハラジャで過ごした時間」は彼らの人生にも大きな影響を与えている。
「スタッフも大勢いましたから。この業界は狭いので、その後できた新しいディスコやクラブには、必ず、私のお店出身者がいました。また、自分のお店を出して、いまだにこの世界でがんばっているスタッフもいます。当時の関係者にはマハラジャが縁でエイベックスの役員になっている人間もいますよ。イイ男もいて、みんなけっこうモテたし遊んでいましたが今はそれぞれの世界で活躍しています」成田さんを中心にした彼らは、確実にその後の20年のさまざまなカルチャーシーンの担い手になっている。
「でも当時ボクが25歳で、あの時代だからできた事なのかもしれません。今の自分の年齢と、この時代に合った人生の楽しみ方、というのもあると思いますね」
[PR]
# by eighties_002 | 2004-09-29 17:19

都内では往年の人気ディスコがいくつか復活し、夜の街からしばらく足が遠のいていた中年層を巻き込んで、盛り上がりをみせている。こうしたディスコ待望の声に答える形で、成田さん自身も今、青山の「THE ORBIENT」や六本木「ヴェルファーレ」のプロデュサーやアドバイザーをつとめている。「たしかに若い世代に新しいムーブメントを伝えていきたいという気持ちはあるんです。
でも、それは必ずしもお店という形にこだわらなくてもいい。今はヒット曲のタームも短くなっているし、音楽の好みも細かく細分化してますよね。最盛期で450万人いたディス
コ人口は、今、200万人とも言われています。毎晩、ディスコに通いつめる・・・という遊び方はもうないでしょう。ただディスコでしか経験できない、独特の一体感が好きなんだ、もう一回そういう遊びがしたい、という人たちに向けてのイベントは仕掛けていきたいと思っています。
[PR]
# by eighties_002 | 2004-09-29 17:17

(C) Copyright 2004 SKY Perfect Communications Inc. All Rights Reserved.